京都の着物レンタルおすすめランキング
京都着物レンタル > 着物の種類 > 振袖レンタル

振袖レンタル


さまざまな場面に振袖

未婚女性の第一礼装~それが振袖です。
そして振袖には「大振袖/中振袖/小振袖」があるのですが、もっとも広く着られている振袖は大振袖だと思います(私たちももっとも目にしています)。
そんな振袖ですが、どのような場面で着ることができるのでしょうか。
もっともよく着られる場面は、結婚式の披露宴や成人式です。
その他にも、「結納(お見合い)/パーティ/お正月(初詣)」等々、さまざまな場面で着ることができます。
しかし、気を付けなければならないこともあります。
それは振袖の「帯結び」についてです。
振袖の帯結びには「立て矢結び」をすることが多いのですが、この立て矢結びは「自分自身が主役の時」の結び方なのです。
例えば成人式や結納であれば立て矢結びでいいのですが、結婚式の披露宴などで立て矢結びをしてはいけません。
(主役は新郎新婦であって、自分自身ではりません。)

振袖に対する議論について

また振袖は「未婚女性の第一礼装」といわれていますが、「既婚者も振袖を着ることができるのでは?」という議論が幾度となく交わされています。
この議論に対して、賛否両論があるのも事実です。
「出産前の若い女性であれば、振袖を着てはいけないことはない。」(微妙な言い回し)
しかしいくら若い女性でも、子どもの手を引いているようなママが振袖を着ることは…やはり、無難に振袖を着ない方がいいとも…。
ここからは、個人的な意見になります。
「振袖=未婚女性の第一礼装」という明確な定義がある以上、いくら出産前の若いママでも振袖は着ない方がいいと思います。

振袖がレンタルされる理由

このように未婚女性を華やかに見せる振袖は、購入するより振袖レンタルをする女性が多いようです。
何故なら華やかな場面が頻繁にあるなら購入してもいいのですが、そうでなければその場面に合わせて振袖レンタルをした方が楽しめるからです。
例えば成人式にはこんな振袖を~結婚式の披露宴では成人式とは違った雰囲気を~といった感じです。
ましてや、早かれ遅かれ結婚すれば振袖を着ることもできなくなります。
こうした理由から、振袖はレンタルされることが多いのです。

おすすめ:振袖レンタルならfleur

ランキングTOP5

エルイン京都(着物で散策!素泊まりプラン)

着物レンタル(小物を含む)から着付け、ホテル返却(通常料金おひとり様6,480円)がセットになったお得なご宿泊プランです

料金4,500円~
受付9時〜17時
最寄り駅JR京都駅
プラン内容 着物(女性用1着・男性用1着)、帯、かばん、ぞうり、足袋、羽織orショール、ヘアセット無料

GOZAN(着物レンタル優待券付プラン)

人気観光地に近く、便利な旅館です。※着物レンタル料は別途なのでご注意

料金8,500円~
受付9時〜17時
最寄り駅三条駅
プラン内容 ヘアセット、髪飾り、着付け、着物は翌朝10時までにフロントへ返却でOK

京町家 nao炬乃座(カップル着物プラン)

カップルで行く京都旅行におすすめ!1軒丸ごと貸切れるので、京都の夜を満喫!

料金7,000円~
受付9時〜17時
最寄り駅京都駅
プラン内容 着物レンタル着付け代込み

THE JUNEI HOTEL(着物レンタル付プラン)

2017年7月にオープンしたホテル!特別な京都の時間を満喫したい方におすすめ!

料金11,000円~
受付9時〜17時
最寄り駅丸太町駅
プラン内容 着物、帯、バッグ、草履、足袋、帯飾り、ショール代込み(ヘアセットは別)

TABIYA HOTEL(ホテルで着付けプラン)

ホテルで着付けホテルで返却!レンタルショップに行く手間も省けます!

料金12,000円~
受付9時〜17時
最寄り駅河原町駅
プラン内容 着物、帯、かばん、草履、足袋、ヘアセット(髪飾り付き)代込み

ページトップへ戻る