京都の着物レンタルおすすめランキング
京都着物レンタル > 着物の種類 > 振袖レンタル

振袖レンタル


さまざまな場面に振袖

未婚女性の第一礼装~それが振袖です。
そして振袖には「大振袖/中振袖/小振袖」があるのですが、もっとも広く着られている振袖は大振袖だと思います(私たちももっとも目にしています)。
そんな振袖ですが、どのような場面で着ることができるのでしょうか。
もっともよく着られる場面は、結婚式の披露宴や成人式です。
その他にも、「結納(お見合い)/パーティ/お正月(初詣)」等々、さまざまな場面で着ることができます。
しかし、気を付けなければならないこともあります。
それは振袖の「帯結び」についてです。
振袖の帯結びには「立て矢結び」をすることが多いのですが、この立て矢結びは「自分自身が主役の時」の結び方なのです。
例えば成人式や結納であれば立て矢結びでいいのですが、結婚式の披露宴などで立て矢結びをしてはいけません。
(主役は新郎新婦であって、自分自身ではりません。)

振袖に対する議論について

また振袖は「未婚女性の第一礼装」といわれていますが、「既婚者も振袖を着ることができるのでは?」という議論が幾度となく交わされています。
この議論に対して、賛否両論があるのも事実です。
「出産前の若い女性であれば、振袖を着てはいけないことはない。」(微妙な言い回し)
しかしいくら若い女性でも、子どもの手を引いているようなママが振袖を着ることは…やはり、無難に振袖を着ない方がいいとも…。
ここからは、個人的な意見になります。
「振袖=未婚女性の第一礼装」という明確な定義がある以上、いくら出産前の若いママでも振袖は着ない方がいいと思います。

振袖がレンタルされる理由

このように未婚女性を華やかに見せる振袖は、購入するより振袖レンタルをする女性が多いようです。
何故なら華やかな場面が頻繁にあるなら購入してもいいのですが、そうでなければその場面に合わせて振袖レンタルをした方が楽しめるからです。
例えば成人式にはこんな振袖を~結婚式の披露宴では成人式とは違った雰囲気を~といった感じです。
ましてや、早かれ遅かれ結婚すれば振袖を着ることもできなくなります。
こうした理由から、振袖はレンタルされることが多いのです。

おすすめ:振袖レンタルならfleur

ランキングTOP5

料金7,800円
貸出時間最大3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料
料金6,800円~
貸出時間最大2日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金1,980円~
貸出時間3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金4,980円~
貸出時間記載なし
その他 -
料金9,800円
貸出時間最大6日以上
その他 ・着付けかんたん

ページトップへ戻る