京都の着物レンタルおすすめランキング
京都着物レンタル > 基礎知識 > 着物をレンタルする以外に必要なもの

着物をレンタルする以外に必要なもの


着物以外に必要なモノ

京都観光の目的の1つに、「着物をレンタルする」ことを考えている方もおられると思います。
当然のことだと思いますが、着物をレンタルしてくれるお店(場所)や大まかな料金を確認していると思いますが、もう1つ確認しなければならないことがあります。
それは「着物をレンタルする以外に必要なもの」には何があるのかということです。
ここで着物をレンタルする時、着物以外で必要なモノをチェックしてみたいと思います。
「袋帯(訪問着の場合は袋帯)・肌着(肌襦袢)・半衿・長襦袢・衿芯(衿カラー)・重ね衿・腰紐(最低4本)・伊達締め(2本)・帯板・帯枕・帯揚げ・帯締め・裾除け・コーリンベルト(あれば)・タオル(補整用)・足袋・草履」等々…。
上記に明記したモノが、着物以外に必要なモノといえます。

気軽に着物レンタルショップへ

しかし着物レンタルの場合、着物に揃えて小物一色をパックしてくれているお店がほとんどなのです。
極端な話、着物をレンタルしているのに、足袋や草履を自分で持ってこなければいけないと~いうことはあり得ません。
(着物をレンタルする観光客の目的は、京都の街並みや神社仏閣を着物を着て散策することだからです。)
では、足袋や草履以外に必要なモノはあるのでしょうか?
基本的に着物レンタルでは「着物一式」がパック料金になっていて~例えば「どうしても着物に合った傘をさして街並みを散策したい。」といった小物に対しても、+アルファの料金を出せば叶えることができるのです。
つまり着物をレンタルするのに、改めて何かを持っていくということはしなくてもいいのです。
(+アルファの料金を払えば、着物に必要なすべての小物が揃います~多少、予算が増えるかもしれませんが。)
どちらにしても着物レンタルしたいと思っているなら、いろいろなお店に予約を入れると思います。
その時、お店に「自分がレンタル着物を着てしてみたいこと。」を告げれば、パック料金で済むのか~もしくは+アルファの料金が必要になるのか教えてくれると思います。

ランキングTOP5

料金7,800円
貸出時間最大3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料
料金6,800円~
貸出時間最大2日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金1,980円~
貸出時間3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金4,980円~
貸出時間記載なし
その他 -
料金9,800円
貸出時間最大6日以上
その他 ・着付けかんたん

ページトップへ戻る