京都の着物レンタルおすすめランキング

着物の柄


着物の柄の重要性

私たちが着物をレンタルする時、もっとも気にするのは「着物の柄」ではないでしょうか。
例えば着物の色合いはすごく気に入っていても、着物の柄があまり好きでなければ…(内心がっかり)。
ということでこの項では、着物の柄について基礎知識を学んで頂きたく思います。
着物の柄について少しでも基礎知識が学べれば、着物をレンタルする時のヒントになると思います。

着物の柄(文様)の種類

○吉祥文様(きっしょうもんよう)…
代表的な柄として「鶴/亀/鳳凰/龍/松竹梅/四君子」があり、縁起が良く不老長寿を願う柄といわれています(祝いの席で好まれる)。
○有職文様(ゆうそくもんよう)…
代表的な柄として「立涌(たてわく)/丸文(まるもん)/菱文(ひしもん)/花菱(はなびし)/襷文(たすき文)/七宝(しっぽう)/唐草文(からくさもん)」があります
有職文様は平安時代以来、公家の装束・調度などに用いられた伝統的な文様です。
○具象文様(ぐしょうもんよう)…
江戸時代以前の織りや絞りの文様で、植物をかたどった柄が圧倒的に多くあります。
【桜】…桜は振袖の柄としては人気がある文様で、桜の季節に限らず、年間を通して身につけられるようになってきています。
【菊】…菊は美しさと高貴な香りから、邪気を払う縁起物として尊ばれてきました。
【椿】…椿は春を告げる聖なる木として好まれ、着物の文様として吉祥の意味もこめられています。
【牡丹】…牡丹は百花の王で「幸福/富貴/高貴/豪華さ」を表現しています。ちなみに牡丹と唐草を組み合わせた牡丹唐草文様は、室町時代から近世まで非常に人気を博した柄でした。
【楓もみじ】…楓は長寿を表現します。そして季節によって色を変え人を喜ばせてくれることから、世渡りがうまく幸福になれるともいわれます。
○抽象文様(ちゅうしょうもんよう)…
はっきりした形を表わさない柄を抽象文様といいます。
【立湧】…水蒸気が湧いて昇っていく様子を文様とした柄で、天に自分の気持ちが昇ることを表現しています。
【雪輪】…雪の結晶(六角形)を円形に描いた文様とした柄で、桃山時代の能装束によく見られ雪輪の中に花模様を詰めることもあります。
【麻の葉】…平安時代の仏像の切金文様や、鎌倉・室町時代に刺繍によって仏像や菩薩を表現した文様。
【菱】…植物の「ヒシ」から名づけられました。有職文様として平安貴族の中で流行していたとされ、絵巻物にその文様が描かれています。
【七宝】…円形は円満を表現します(吉祥文様の1つ)。七宝とは仏教でいう七つの宝を意味し、類をみない美しい文様という意味で七宝文様と名づけられました。

ランキングTOP5

料金7,800円
貸出時間最大3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料
料金6,800円~
貸出時間最大2日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金1,980円~
貸出時間3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金4,980円~
貸出時間記載なし
その他 -
料金9,800円
貸出時間最大6日以上
その他 ・着付けかんたん

ページトップへ戻る